作業員

快適にお風呂に入れる

給湯器を買い換えるのであれば、フルオートでお湯はりやたし湯ができる給湯器を選ぶとよいでしょう。たし湯を行なうことを忘れがちな人でも、問題なく快適にお風呂に入れます。自動で追い焚き配管を清掃する機能もあるので、いつでも綺麗なお風呂に入れます。

詳しく見る

リモコン

話題のヒートポンプ式

埼玉にある会社では、ヒートポンプ式の給湯器を導入してくれます。稼働させた際に低音で煙や臭いが出ないほか、電気代のコストも非常に安いため、多くの家庭で導入されています。

詳しく見る

給湯器

買い換えが必要な時期

給湯器が故障した場合、お風呂などでお湯が一切使えなくなるので、冬場ですと家庭に大きな負担が掛かります。修理を行なう会社に依頼することで直すことはできますが、10年以上経つ旧式の給湯器ですと修理費用も高くなるので、新品へ買い換えをしたほうが安い場合があります。

詳しく見る

男性

選ぶポイントを知っておく

給湯器が故障した場合は必ず業者に取り付け作業を依頼する必要があります。この際に依頼する業者も沢山見つける事が出来ますが、選定するポイントでは技術力、経験、実績が備わっている所を選ぶ事が大切です。トラブルが起こる前に値段だけで選ぶのではなく、各業者の詳細をしっかり調べておきましょう。

詳しく見る

給湯器

急に起こる場合もあります

給湯器の故障は前触れが無く起こることが多いですが、焦って修理を依頼せずいくつか準備しておかなければならないことがあります。第一に費用の見積もりです。万が一修理不能で交換が必要になった場合にも備えて、費用を準備しておかなければなりません。

詳しく見る

お風呂

ガス給湯工事業者の選び方

ガス給湯器の取り付けを依頼する時は、仙台の複数の業者に見積もり依頼をします。見積もり金額は費用の総額をみて選ぶようにします。対応スピードやサポート体制などもチェックしておきましょう。アパートやマンションなどの場合は、自分で選ばずに不動産会社に連絡しましょう。

詳しく見る

作業員

壊れたら業者に連絡

給湯器のお湯が出なくなった、温度が安定しないなどの故障した場合は業者に依頼するようにしましょう。給湯器が故障は修理した方が得な場合や新品に交換した方が得な場合がありますので、まずは業者に依頼して点検に来てもらうようにしましょう。

詳しく見る

リモコン

劣化する前に対処しよう

給湯器は設置してから8〜10年で交換時期がくるといわれています。10年以上経過している給湯器は内部の部品が劣化していることが多く、修理よりも交換したほうが結果的にはお得です。交換時期になっていなくても、異臭がしたり異音が聞こえる場合は、急いで業者に連絡して見て貰いましょう。

詳しく見る

給湯器

省エネで環境に優しい商品

ガス給湯器は、8年から10年を経過するとパワーが落ちてきたり、不具合が見られるようになります。仙台の専門業者では、代表的なメーカーの最新のガス給湯器を数多く取り扱っており、交換、取り付け工事を行っています。

詳しく見る

給湯器

業者の選び方

給湯器の業者を選ぶ時のポイントとなるのが、保証があるかという事です。そのため料金だけをチェックするのではなく、保証といったサービスの内容を確認することが大切となります。

詳しく見る

窓と給湯器

故障したら

給湯器が故障した場合、速やかに修理を依頼しましょう。ですが、使用年数が10年を超えている場合には、修理が出来なかったり、部品が生産を終了していて、ない場合もありますので、確認が必要です。その場合は、取り換える方向で相談をしましょう。

詳しく見る

床暖できる機器

給湯器

寒い地域に住んでいる人であるなら、家の設備に給湯器は必須でしょう。北国に住んでいる人ならば、お湯を凍結させない給湯器が欲しいと考えるものです。凍結防止ヒーターが備わっている給湯器であれば、寒い冬の日にも問題なく温かいお湯を出せるでしょう。ほかにも、最近多くの家庭に注目されているのが床暖房のシステムを備えた給湯器です。給湯器のお湯の配管が、リビングなどに敷いた温水マットを通じて床を温めるため、お風呂だけでなく室内でも温かく過ごせます。この床暖房機能を備えた給湯器は、エアコンや電熱ヒーターなどの暖房機器よりも安いコストで家を温めてくれるのが利点です。特に電気やガスを使用せず、お湯を温水マットに通すだけのシンプルな構造なので、費用を掛けずに家を暖められます。電気ヒーターのマットとは違い、低温火傷を起こすほど高い熱を発するわけではないので、安全快適に使用することができるでしょう。

給湯器を交換する際、このような床暖機能を備えた機器に交換するとなると、自宅に大規模なリフォームが必要になるのでは、と多くの人は考えるでしょう。しかし、床暖ができる給湯器の中には、室内でちょっとした配管工事を行なうだけで暖められる機器もあるのです。部屋に敷ける簡易の温水マットを給湯器の配管とセットすることで、給湯器の温かいお湯の熱を室内に取り入れることができます。マットと配管工事の費用、さらには給湯器の交換費用だけで済ませられるので、住宅のリフォームのような高額なお金を出さずとも利用ができるでしょう。

PICK UP

作業員

快適にお風呂に入れる

給湯器を買い換えるのであれば、フルオートでお湯はりやたし湯ができる給湯器を選ぶとよいでしょう。たし湯を行なうことを忘れがちな人でも、問題なく快適にお風呂に入れます。自動で追い焚き配管を清掃する機能もあるので、いつでも綺麗なお風呂に入れます。

リモコン

話題のヒートポンプ式

埼玉にある会社では、ヒートポンプ式の給湯器を導入してくれます。稼働させた際に低音で煙や臭いが出ないほか、電気代のコストも非常に安いため、多くの家庭で導入されています。

給湯器

買い換えが必要な時期

給湯器が故障した場合、お風呂などでお湯が一切使えなくなるので、冬場ですと家庭に大きな負担が掛かります。修理を行なう会社に依頼することで直すことはできますが、10年以上経つ旧式の給湯器ですと修理費用も高くなるので、新品へ買い換えをしたほうが安い場合があります。