買い換えが必要な時期

給湯器

家庭用に設置されている給湯器の耐用年数は、およそ10年から15年といわれています。機器の状態によっては、この年数以上の期間を使用し続けることもできますが、故障や不具合が発生しやすくなる時期であるため、買い換えを検討しておくのもよいでしょう。給湯器は機器の費用だけでなく、設置費用も必要となるため、耐用年数以上が経過している給湯器があれば、買い替えのための費用を用意しておくとよいでしょう。もしも故障してしまうと、お風呂や洗顔、食器洗いの際にお湯が使用できなくなります。冬場に故障すると生活を送る上で大きな負担が生じるため、耐用年数に近い給湯器があるならば故障した時に備え、買い換えを視野に入れておくことが重要となります。

給湯器が故障した場合は修理をすればよいと多くの人は考えるでしょう。しかし、古いタイプの給湯器となると、修理をする会社にも代用できる部品がないため、修理ができない場合もあります。販売元の会社に部品を請求した場合は、部品取り寄せによる配送の費用や届くまでの時間も掛かるため、古い給湯器の修理を行なう際には家庭にも負担が掛かるのです。劣化具合によっては修理の手間によって新品の給湯器よりも高い費用が必要となる場合もあるので、問題となります。給湯器が故障した場合は、修理を行なう会社にあらかじめ機器を見てもらい、修理にどれだけの費用が必要かを査定してもらいましょう。新品の給湯器へ交換するほうが安上がりであれば、修理を行なう会社に新品へと取り換えてもらえます。古い給湯器は引き取ってくれるので、処分費用も掛からず取り換えられます。

PICK UP

作業員

快適にお風呂に入れる

給湯器を買い換えるのであれば、フルオートでお湯はりやたし湯ができる給湯器を選ぶとよいでしょう。たし湯を行なうことを忘れがちな人でも、問題なく快適にお風呂に入れます。自動で追い焚き配管を清掃する機能もあるので、いつでも綺麗なお風呂に入れます。

リモコン

話題のヒートポンプ式

埼玉にある会社では、ヒートポンプ式の給湯器を導入してくれます。稼働させた際に低音で煙や臭いが出ないほか、電気代のコストも非常に安いため、多くの家庭で導入されています。

給湯器

買い換えが必要な時期

給湯器が故障した場合、お風呂などでお湯が一切使えなくなるので、冬場ですと家庭に大きな負担が掛かります。修理を行なう会社に依頼することで直すことはできますが、10年以上経つ旧式の給湯器ですと修理費用も高くなるので、新品へ買い換えをしたほうが安い場合があります。