壊れたら業者に連絡

作業員

修理が得か交換が得か

給湯器の故障にはお湯が出なくなってしまった、温度が不安定になってしまった、コントローラーにエラーが表示されるなどのことがあります。上記のことは一度リモコンの電源を落としたり、リセットボタンを押すなどで改善することもあるのですが、それでも直らないという時は業者に一度点検に来てもらうようにしましょう。給湯器が深刻な故障している場合は交換か修理をすることになるのですが、この修理した方が良いのか、それとも本体を新品に交換した方が良いのかということはなかなか自分だけでは判断がつきにくいので、業者に点検に来てもらい判断するようにしましょう。大多数の業者は修理する場合は、故障した給湯器が比較的にまだ新しいタイプで、故障した箇所の交換用のパーツがある場合は修理を勧めるようになっています。給湯器が使用して10年ぐらい経過しているような古いタイプの場合は、交換用のパーツの在庫も少なく、仮に交換用のパーツがあったとしても、経年劣化によるその他の箇所の故障が出てくる可能性が高い時は新品に交換するのを勧めるようになっています。もちろん、最終的に判断するのは自分自身ですが、業者に依頼して点検に来てもらうと修理した方が得か、交換した方が得かという判断がしやすくなるメリットがありますので、給湯器が故障した場合は良さそうな業者を探して依頼してみましょう。もしコントローラーにエラーコードが出ているのなら、そのエラーコードを業者に伝えると、どのような故障かということも把握しやすくなるので控えておきましょう。

PICK UP

作業員

快適にお風呂に入れる

給湯器を買い換えるのであれば、フルオートでお湯はりやたし湯ができる給湯器を選ぶとよいでしょう。たし湯を行なうことを忘れがちな人でも、問題なく快適にお風呂に入れます。自動で追い焚き配管を清掃する機能もあるので、いつでも綺麗なお風呂に入れます。

リモコン

話題のヒートポンプ式

埼玉にある会社では、ヒートポンプ式の給湯器を導入してくれます。稼働させた際に低音で煙や臭いが出ないほか、電気代のコストも非常に安いため、多くの家庭で導入されています。

給湯器

買い換えが必要な時期

給湯器が故障した場合、お風呂などでお湯が一切使えなくなるので、冬場ですと家庭に大きな負担が掛かります。修理を行なう会社に依頼することで直すことはできますが、10年以上経つ旧式の給湯器ですと修理費用も高くなるので、新品へ買い換えをしたほうが安い場合があります。