劣化する前に対処しよう

リモコン

対処方法

リモコンを操作するだけでお湯が出てくる給湯器は便利で欠かせない設備です。しかし、様々な原因によって故障してしまい使えなくなることがあります。故障の原因の1つには給湯器の劣化が挙げられます。給湯器の種類や使用頻度によって違いますが、設置からおよそ8〜10年で交換時期がくるといわれています。設置してから10年近く経っている場合は、業者に依頼して見て貰いましょう。本体内部の部品が劣化している場合は、部品の交換だけで大丈夫な場合があります。しかし、メーカーの部品保存期間は10年と定められているので、10年以上経過している場合は部品の交換ができません。ですから、給湯器本体を交換することになります。給湯器の周りから水漏れがしている場合は、給水管に異常が起こっている可能性があります。この症状がある時は、給水管や排水管の修理や交換の必要がありますので、業者に連絡して対応して貰いましょう。給湯器を操作したときに、異臭がしたり異常音が聞こえたりする場合は、本体内部が故障している場合があります。特に、ガス給湯器は、ガス臭いやボンボンというような破裂音が聞こえる場合はガス漏れの危険性があります。非常に危険ですから業者に急いで連絡します。近年では24時間体制のコールセンターで対応している業者がいますので、相談してみましょう。リモコン操作で給湯器を使っている場合は、何らかの不具合が起こるとリモコンの液晶画面にエラーコードが出ます。このエラーコードを見て自分で対処できる場合もあります。しかし、交換時期がきている、異臭・異音がする場合は業者に依頼して交換して貰いましょう。

PICK UP

作業員

快適にお風呂に入れる

給湯器を買い換えるのであれば、フルオートでお湯はりやたし湯ができる給湯器を選ぶとよいでしょう。たし湯を行なうことを忘れがちな人でも、問題なく快適にお風呂に入れます。自動で追い焚き配管を清掃する機能もあるので、いつでも綺麗なお風呂に入れます。

リモコン

話題のヒートポンプ式

埼玉にある会社では、ヒートポンプ式の給湯器を導入してくれます。稼働させた際に低音で煙や臭いが出ないほか、電気代のコストも非常に安いため、多くの家庭で導入されています。

給湯器

買い換えが必要な時期

給湯器が故障した場合、お風呂などでお湯が一切使えなくなるので、冬場ですと家庭に大きな負担が掛かります。修理を行なう会社に依頼することで直すことはできますが、10年以上経つ旧式の給湯器ですと修理費用も高くなるので、新品へ買い換えをしたほうが安い場合があります。